do it 2007

doit2007.exblog.jp
ブログトップ

2007年 07月 24日 ( 2 )


2007年 07月 24日

limited express(has gone?)

Limited Express (has gone?)復活。2003年、US、ジョン・ゾーンのTZADIKからリリース。15カ国以上を飛び回り、国内ではボロフェスタを主催。memory labより、2nd album、
best albumをリリース、WHY?,NUMBERS、そしてダムドのサポートまで行うなど、名実共に音楽シーンを率先するバンドになるも、2006年突然の解散宣言。半年後、突然の復活宣言。なんと、ニュードラマーには、日本が誇るPUNK BAND、JOYのドラマー、TKDが正式加入!!!

ホームページ
http://www.limited-ex.com/
b0116950_12332144.jpg

[PR]

by doit2007 | 2007-07-24 23:50 | アーティスト
2007年 07月 24日

NAHT(東京)

95年4月にVOLUME DEALERSを脱退したSEIKIが中心となり3人編成で結成。幾度かの前進的なメンバー・チェンジを経て4人編成→現在は3人編成に。JAWBOX、FUGAZI、
SUPERCHUNK、DRIVE LIKE JEHU等のUSハードコア/オルタナティヴシーンのバンドに影響を受けつつも、独自の高いオリジナリティを持ち、自身の音楽性を開拓していく。EMOシーンの第一人者として海外アーティストとの競演も多く、同郷北海道出身のeastern youth bloodthirsty butchersやfOULなどの盟友バンド達と共に、その筋の音と姿勢を日本のシーンで牽引し築き上げてきた最重要バンドである。96年10月、FUGAZI JAPAN TOURにてサポートアクトを務め、11月、bloodthirsty butchersの吉村秀樹プロデュースによる6曲入りミニアルバム『downt』を391toneより発表。 98年にはTime Bombの招聘により実現した、BLUETIP、SWEETBELLY FREAKDOWN、KEROSENE 454というDISCHORD関連3バンドとのJAPAN TOURを決行。数枚のEPやオムニバス作品のリリースを経て、99年7月にファースト・アルバム『narrow ways』をTime Bomb Recordsよりリリース。このアルバムは99年度、各音楽誌の年間ベスト・アルバムにランク・インするなど非常に大きな評価を得る。99年11月、BURNING AIRLINESを招聘し、共にJAPAN TOURを決行。この頃からヴァイオリン奏者のYASUKOがメンバーに加わり、2000年BURNING AIRLINES/J.Robbinsをプロデューサーに迎え、ワシントンDCにてレコーディングされた2ndアルバム『the spelling of my solution』をTOYS FACTORYより発表。そして2001年にJETS TO BLAZILと再度BURNING AIRLINESが来日、このカップリングツアーをサポート。互いにインスパイアされリスペクトし合う関係を築く。その後今度はBURNING AIRLINESの北米ツアーに参戦し、DEATH CAB FOR CUTIE、HEY MERCEDES、NEW END ORIGINAL、THEPROM等とも競演。02年、MOGA THE ¥5とのSplit『A Strange Stroke of Fate』を発表した後、突然の活動休止。
約2年半後の04年、3人編成の現在の布陣となり、更なる自身のサウンドを模索しながら活動を再開。06年3月、シングル『ARTICURATION』を発表。SPIRAL CHORDとのカップリングツアー『distance to substrance tour 2006』よりライヴ会場限定で発売。07年6月に、6年振りのフル・アルバム『In The Beta City』をSECRETA TRADESより発表する。
b0116950_2339443.jpg

[PR]

by doit2007 | 2007-07-24 23:39 | アーティスト